借金が返せなくて悩んでいる方へ

はじめに

借金の返済はまず金利分に支払いがあてられ、残った分が元本から差し引かれる形になります。

金額が大きいと金利の支払いで精一杯になるので、払っても払っても借金が減らないという状態に陥ってしまうのです。

 

借金を一本化する

金利負担が重すぎるために支払いが苦しくなっている場合は、金利を引き下げるために借金を一本化するという手段があります。

金利は借入額が大きいと下がっていきますが、いくつもの会社から少額ずつ借りていると、それぞれの借り入れは最大の金利が適用されてしまいます。

おまとめローンなどを使ってお金を借り、少額の借り入れを返済して借金を一本化すれば、毎月の支払いがとても楽になる場合があります。

 

債務整理をする

おまとめローンなどが利用できるのはまだ延滞がなかったり、借入先が4社程度までの場合に限られます。

そうでない場合、借金の一本化は難しくなるので別の手段を検討するしかありません。

ここで借金の解決手段となるのが債務整理です。

債務整理は借金を減額、または帳消しにしてくれる手続きです。

いくら支払いを続けても借金が減らない状況に陥った人を救済するために設けられている制度であり、強制的に借金を減らすことができます。

また、任意整理や特定調停も債務整理の一種であり、こちらは債権者と話し合いをして借金を減額してもらいます。

 

まとめ

支払いを続けても借金が減らない状況では、返済をそのまま続ける意味はありません。

借金の一本化や債務整理などで状況を変える必要があります。

借金の一本化ならおまとめローンの相談窓口に、債務整理ならば弁護士事務所の無料相談などに問い合わせをしてみましょう。