借金返済に困ったら3つの債務整理から自分に合った手段を選ぼう

節約もしてる、コツコツと借金返済をしている、でもなかなか返済できない。借金を抱えていると生活が苦しくなり、精神的な負担が大きくなります。

 

努力をしているけど返済できないときは債務整理を考えてみてはどうでしょうか。

債務整理には3種類あります。

 

それぞれどのような特徴があるのでしょうか。

 

任意整理

 

任意整理は裁判所を通さずに、司法書士や弁護士を通じて貸金業者と交渉をして借金を減額する方法です。

司法書士や弁護士に任意整理の依頼をすると、最速がすぐにストップします。

官報に載ったり、職業の制限はありません。

デメリットはブラックリストに載ることです。

ブラックリストに載ると5~7年間クレジットカードを使えなかったり、ローンを組むことができません。

 

自己破産

 

自己破産は借金をゼロにできる方法です。

ギャンブルで作った借金の場合は自己破産はできません。

借金がすべてなくなりますが、大きなデメリットも存在します。

 

ブラックリストに載るため、10年ほどは新たな借り入れができなくなります。

マイホームなど価値のあるものは処分される可能性があります。

一部の職業や資格は、一定期間就職できなかったり、資格を取れません。

 

個人再生

 

個人再生は住宅などを手放さなくても行えます。

自己破産のような受けるための資格制限がなく、借金を大幅に減少できます。

 

しかし、ブラックリストに載って新たな借り入れができなくなったり、官報に載ります。

 

どの方法が一番良いかは人それぞれです。

債務整理の専門家である司法書士や弁護士に相談をしてみましょう。