任意整理と自己破産はどっちがお勧めなの?

多重債務などにより返済能力を大幅に超えた借金を抱えてしまった場合、コツコツと返済をしていっても利息分だけで元金部分は全く減らないといった事態に陥ってしまうケースがあります。

 

こうした場合、もはや個人で対応することはほぼ不可能な状態と言ってもよく、迅速に正しい判断を下す必要があります。

 

こうした際の最もポピュラーな対応として挙げられるのが、債務整理です。

債務整理は、任意整理や自己破産といったものを指し、大幅に借金を軽減することができる点が特徴です。

 

以下では、代表的な債務整理である任意整理と自己破産について詳しくご紹介していきます。

 

1.任意整理

 

任意整理は、弁護士や司法書士に依頼して行われる債務整理で、彼らを介して金融機関と借金の減額や返済期間の調整などを目指します。

任意整理はあくまで民間人同士の債務整理ですので、どの程度借金が減るかといった点は事例ごとに大きく異なることになりますが、専門家が交渉と担当してくれるため、良い結果につながるケースが多いようです。

 

2.自己破産

 

自己破産は、弁護士や司法書士などではなく、裁判所を介して行われる債務整理です。

債務整理の中でも最も強力な制度と言っても良く、裁判所から自己破産が認められれば、原則として抱えている借金は全て帳消しとなります。

 

ただし、自己破産を利用する場合には、自身の持ち家や自動車、その他一定以上の価値を持つ財産を手放さなければならないといった大きなデメリットもあるため、利用は最終手段と考えておく必要があります。