債務整理は司法書士と弁護士のどっちが良い?

借金というのはこのまま抱えていてもいいことはありませんので、返済できないと判断した時点で債務整理を考えてほしいと思います。

債務整理をすることによって多くの借金を減額することが可能となりますし、場合によってはゼロにすることも可能です。

どれくらいの借金が残っているかによって方法も変わりますが、多くの方は借金を減らして楽にすることができます。

減らさないで借金の返済を続けているようではいいことはありませんので、少しでも楽な方法を採用して欲しいと思います。

 

債務整理を依頼する場合、基本的には弁護士を利用した方がいいでしょう。

司法書士も債務整理を受け付けてくれますが、弁護士の方が色々な弁護をしてくれるので頼りになります。

後はどのような方法を利用するかです。

 

ちょっとだけ減額して利息を発生させたくなければ任意整理でも構いませんが、どうしても沢山返済したいという場合は個人再生か自己破産を考えることになります。

自己破産なら借金は全て無くなりますが、その代わりに失うものも多いので気を付けてください。

 

借金というのは自分で何とかするものだと思いますが、どうしても無理なら弁護士の方と一緒に債務整理を実行してください。

これなら確実に減らすことができますし、弁護士の方のサポートによって債権者を納得させる方法が適応できます。

後から利用料金を支払うことになりますので、減額してある程度余裕が出来たら支払っておきましょう。

また過払い金を請求することで大幅に借金が減って、それどころかお金が戻ってくる可能性もあります。色々な方法を試して欲しいですね。