示談交渉で借金が減る理由

借金額がなかなか減らないという方に紹介したいのが、債務整理の方法のひとつである任意整理です。

任意整理とは、任意で借金を整理することであり、債権者と債務者の間に司法書士や弁護士が入り、毎月の支払いや借金額について示談交渉してもらうようなものだと思ってもらえればいいかと思います。

 

現状の返済額ではなかなか返済が難しいけれど、将来的に収入が望めるから、それに見合う返済額にしていきたいという方に紹介したい方法です。

 

示談交渉で借金が減る理由は、複雑に絡み合う借金に関わる法律にあります。

それは「出資法」と「利息制限法」です。

 

この2つの法律では、利息の数値が異なり、両者の間には最大で14.2%もの利息の差があります。
この差を利用しているのが金融業者、貸金業者です。
それを知らずにお金を借りると、ついつい払い過ぎているのが利息です。

 

ついつい払い過ぎていると書きましたが、言い換えれば本当は払わなくても良い利息ともいえます。

任意整理は、この払い過ぎていた利息分を本来の返済分に充当させることで、借金全体の減額を計り、残っている借金の返済計画を立てるという方法です。

 

これにより、借金全体は減額できることがよくあります。

この方法は、弁護士に依頼するのが最適な方法です。

 

任意整理には、示談で取り組む方法のため、高い交渉力が必要とされます。

裁判所が介入することもなく、比較的容易に取り組める方法なので、検討してみる余地はあるのではないでしょうか。