ライフスタイルによっては非常に便利

UCSカードはユニー・ファミリーマートホールディングスの子会社であり、グループの金融子会社になります。マスターカード、ビザカード、JCBカードが対応しています。

このUCSカードの一番わかりやすい特徴はアピタ、ユーホームの店舗で5%OFF感謝デー(毎月19日及び20日)に提示すると一部の商品価格が5%オフになります。
また、ピアゴで営業日の金曜日に精算すると表示価格から5%オフになります。また、宇佐美鉱油で、精算することでCNGは表示価格から2円引き、そのほかの商品は5%引きになります。

また、UCSカードは一般の加盟店では200円あたり、1点のUポイントをためることが可能です。1点は1円相当なので還元率0.5%と一般的なポイントカードと同等といえるでしょう。

また、加盟店の中ではUポイントが2倍になる日も設定されていますのでお得です。
ポイント有効期間がほとんどのカードは1年間という中、有効期限が最大2年間というのは大きなメリットです。また、一定期間に5000点以上のUポイントを得るとロイヤルメンバーになり、ポイントがなんと20%アップします。

もちろん、18歳以上で一定以上の収入があれば、年会費も無料ですし、家族カードも同じくです。

以上のことを踏まえた際に自分自身のお買い物を考えた際に、当てはまるところが多いのであれば、非常にお得なクレジットカードだといえます。まずは自分自身のライフスタイルを見直してみて検討してみましょう。家族でお得になる可能性もあります。

大学生でもカードローンは利用できるの?

大学生の生活はとても自由で気ままな印象もありますが、それは一部ですよね。

仕送りだけの生活で毎月の生活はギリギリ、好きなものも買うことができずに勉強に頑張っている方もおられるかと思います。ただ、どうしても欲しいものができたときは辛いですよね。これ以上生活費を切り詰められないならなおさらです。

 

親にお金を借りるというのも解決方法ですが、これ以上負担をかけさせたくないという人もいるでしょう。友達に借りるのも恥ずかしいという人もいるでしょう。そんな時に頼りになるのがカードローンです。カードローンを利用すれば、誰にも迷惑をかけることもなし、バレることもなしでお金が借りられます。ただ、大学生でもカードローンを利用できるのかという疑問を持たれる方もいるかと思います。

 

結論から言うと大学生の方でも条件を満たしていればカードローンを利用することができます。条件というのは20歳以上であること、そして安定した収入があることです。安定した収入というのはアルバイト等で毎月しっかりとした収入があることです。

仕送りは該当しません。条件に該当していれば、保証人もいらずにお金を借りられる可能性が高くなります。では基準を満たしていない大学生はお金が借りられないのかですが、借りられるカードローン会社もないことはありません。

 

ただし保証人として親の同意が必要な場合がほとんどです。個人だけでは借りられない場合があるので注意してください。

法的手段を考える

消費者金融から200万円借りている場合まず返済は困難です。

毎月の最低支払い額を返済しているようではほとんど金利を払っているようなもので元金はとても減りません。

 

実は私も同じ経験をしていまして通常の返済ではとても借金なんか返せないと思い法的に解決する方法を考えました。色々と法的に解決する方法はあるのですが、私が選んだのは一番費用が安くつく特定調停制度を利用しました。

 

今よく耳にするのは過払い金変換請求ですが、大変てっとり早い方法で便利だけど弁護士さんに依頼しますので返還金の何%かは報酬として払わないといけません。

しかし特定調停制度は弁護士を利用せずに自分で裁判所へ調停を申し立てて業者と交渉しますので、費用は調停の申し立て費用が一社ごとに印紙代数百円と書類の郵送切手代だけですから3社借りているようなので費用は1000円~2000円で済みますので特定調停がオススメです。

 

調停というと難しい感じがしますが全くそういう事はありません。流れとしてはまず裁判所に調停を申し立てをするのですが申し立てをした時点で取り立てなどがストップします。1ヶ月後に裁判所へ出向き調停委員の方と打ち合わせをしてさらに1ヶ月後位に業者と利息制限法に利息を引き直して借金の減額交渉を一社あたり30分の時間内で交渉します。

 

すべて調停委員の方が交渉を進行して私のサポートをやってくれますから何も心配はいりませんし、たまに業者が裁判所へ出てこない場合もありますが調停委員の方が業者へ電話して交渉してくれます。ほとんどの場合すぐ和解しますので本気で借金を返したいなら特定調停の利用がオススメです。

闇金の追い込みから安全に逃れるための手立て

闇金から身内がお金を借りてしまった場合、保証人になっていなければ身内が返済する義務はありませんし、脅しに負けて支払うことは絶対にしてはいけないことです。
一度支払いをしてしまうと、何度もしつこく支払いを要求してくるからです。

 

闇金にはこちらがいくら正論を述べていても通じないのです。
闇金業者は、お兄さんが支払いをするまで払わせ、万が一お兄さんが支払わなかったり、支払いが遅れると他の闇金業者を紹介します。

 

闇金の要求通りに支払いをしないと、お兄さんはもちろ、家族、親族、職場等にまで電話をするケースもあります。
電話ではあることないことを言って、いやがらせをします。

 

そういったことをやめさせたいと思って支払いに応じると、いつまでも手を切ることができなくなってしまうのです。
そうのような闇金の追い込みから安全に逃れるための手立てとしては、法的権限を持っている人に間に入ってもらうことです。

 

闇金業者に「違法行為をしていること」、「刑事告訴も辞さないこと」を通告してもらいます。
闇金業者の多くは、そういった面倒なことに巻き込まれるのを嫌がるので、しつこかった督促があっさりと止まるケースもあります。

 

警察を呼んでも暴力行為が明らかでないと検挙はしてくれませんが、万が一しつこい督促で近所に迷惑をかけているようなことがあったら、闇金業者が来た時にただちに警察に連絡することが身の安全につながります。

債務整理は司法書士と弁護士のどっちが良い?

借金というのはこのまま抱えていてもいいことはありませんので、返済できないと判断した時点で債務整理を考えてほしいと思います。

債務整理をすることによって多くの借金を減額することが可能となりますし、場合によってはゼロにすることも可能です。

どれくらいの借金が残っているかによって方法も変わりますが、多くの方は借金を減らして楽にすることができます。

減らさないで借金の返済を続けているようではいいことはありませんので、少しでも楽な方法を採用して欲しいと思います。

 

債務整理を依頼する場合、基本的には弁護士を利用した方がいいでしょう。

司法書士も債務整理を受け付けてくれますが、弁護士の方が色々な弁護をしてくれるので頼りになります。

後はどのような方法を利用するかです。

 

ちょっとだけ減額して利息を発生させたくなければ任意整理でも構いませんが、どうしても沢山返済したいという場合は個人再生か自己破産を考えることになります。

自己破産なら借金は全て無くなりますが、その代わりに失うものも多いので気を付けてください。

 

借金というのは自分で何とかするものだと思いますが、どうしても無理なら弁護士の方と一緒に債務整理を実行してください。

これなら確実に減らすことができますし、弁護士の方のサポートによって債権者を納得させる方法が適応できます。

後から利用料金を支払うことになりますので、減額してある程度余裕が出来たら支払っておきましょう。

また過払い金を請求することで大幅に借金が減って、それどころかお金が戻ってくる可能性もあります。色々な方法を試して欲しいですね。

示談交渉で借金が減る理由

借金額がなかなか減らないという方に紹介したいのが、債務整理の方法のひとつである任意整理です。

任意整理とは、任意で借金を整理することであり、債権者と債務者の間に司法書士や弁護士が入り、毎月の支払いや借金額について示談交渉してもらうようなものだと思ってもらえればいいかと思います。

 

現状の返済額ではなかなか返済が難しいけれど、将来的に収入が望めるから、それに見合う返済額にしていきたいという方に紹介したい方法です。

 

示談交渉で借金が減る理由は、複雑に絡み合う借金に関わる法律にあります。

それは「出資法」と「利息制限法」です。

 

この2つの法律では、利息の数値が異なり、両者の間には最大で14.2%もの利息の差があります。
この差を利用しているのが金融業者、貸金業者です。
それを知らずにお金を借りると、ついつい払い過ぎているのが利息です。

 

ついつい払い過ぎていると書きましたが、言い換えれば本当は払わなくても良い利息ともいえます。

任意整理は、この払い過ぎていた利息分を本来の返済分に充当させることで、借金全体の減額を計り、残っている借金の返済計画を立てるという方法です。

 

これにより、借金全体は減額できることがよくあります。

この方法は、弁護士に依頼するのが最適な方法です。

 

任意整理には、示談で取り組む方法のため、高い交渉力が必要とされます。

裁判所が介入することもなく、比較的容易に取り組める方法なので、検討してみる余地はあるのではないでしょうか。

借金困ったら身近な人に頼ってみて!

借金を確実に減らすために有効な方法を2つ紹介します。

 

1. 自転車操業にならないために、身近な人からお金を借りる

 

借金の返済のために、他所から借金をしていませんか?
最近借金の過払い金が社会問題となっています。

 

まずは必要以上に返済していないかをチェックしてみてください。
また、これまでの返済額が法律の範囲内のものだったとしても、消費者金融の利率は非常に高く、自転車操業の状態に陥るとコツコツ返済しているつもりなのに借金額がなかなか減らないという事態になってしまいます。

 

返済のために消費者金融からお金を借りるということはしてはいけません。
家族など信頼関係のある人を頼って、無利子で一時的にお金を貸してくれる人を探してみてはいかがでしょうか?

 

2. 生活を切り詰めて、手元に残るお金を増やす

 

収入を増やせる当てがないのであれば、節約をして借金返済にあてられる金額を増やすしかありません。

今どのような生活を送っているかによってアドバイスの内容も変わってきますが、もう一度自分自身の生活スタイルに無駄がないかを考え直してみてください。

 

大きく節約できるのは食費と光熱費、交際費などです。
頻繁に外食していたとすれば、それをやめるだけで月1万円浮くこともあります。

 

夏や冬にエアコンを使用する時間を短くすることで電気代が半分になることもあります。
交際費は本当に必要な人に対してのみ使用するようにしましょう。

借金は一本化が有利な理由

今の債務状況がどのくらいなのか?分かりませんが、もし数社に分けて借りているのなら一本化をするのが一番でしょう。

 

そして、一本化を請け負う金融機関も存在します。
ですが、稀に悪徳な一本化業務を行う会社があるので、この時に市の無料相談や無料弁護士に一度相談してから実際に行動に移した方が良いと思います。

 

まずは有料のところに頼むよりも無料の機関を頼って債務状況を明らかにして、真剣に相談をした方が後々の為です。
また、債務の整理の仕方を教えてもくれます。
もし、有料のところへ行っても5.000円くらいで対応してくれます。

 

そして、一本化出来たなら利息の面で凄く有利です。
幾つもの会社に借りていると利息だけでも返せません。

 

それどころか未払いになってしまう金融機関もあるはずです。
ですから、ブラックリストになる前にこういう事をやって、借金を安心して返して行く道を考えるのが良いと思います。

 

それとソフト面ですが、もう一件だけ仕事を持つ事です。
確かに日勤していると疲れてしまいますよね。

 

ですが、手取りの中から借金を引いてしまうと心細くなりますからそんな時に無理せず数時間(2~3時間)だけ働けるバイトでも内職でも良いのです。

そういうものを見つけておくと、最低利息代だけでも働けるのでお金がお金を産んでくれる感覚になると思います。

 

あれこれ考えても仕方ない時期はあるので、働く事で嫌な事を忘れるのも大事です。

掃除をマメにすると借金が減るって本当?

実際、無駄遣いせず、借金をコツコツ返していると言う人に限って、最低限の生活をしていない方が多いです。

借金を抱えていても、ギスギスした生活はしたくないと、ちょっとしたときに外食してしまったり、ちょっとした自分へのご褒美として買い物をしてしまったり。

でも、ご褒美が欲しければ、借金を返してからにしましょう。

 

借金全額返済が、何よりものあなたへのご褒美です。

なので、まずは生活を一から見直します。

 

一番先にしなければならないのは、「掃除」です。

押し入れの中までも全て出して、本当に必要なものだけを残して捨てましょう。

 

そして、自分にとって何が必要か、何が足りないか、きちんと把握することから始めるのです。

その上で買い物に行くと、「これは、手持ちの何かで代用できるからいらない」と、本来ならかってしまうところを押さえることができます。

そうすることで、格段に無駄遣いを減らすことができます。

 

無駄遣いを減らしたら、買ったつもり貯金をしましょう。

本来なら買っていたはずのものを、買わずに、買ったことにして貯金するのです。

 

それは全て借金返済に回すことができます。

そうすることで、今まて以上に返済に当てるお金が増えるはずです。

 

しばらくは、切り詰めた苦しい生活になるかもしれませんが、それは自分の撒いた種。

したいこと、買いたいもの、欲しいものがあるのなら、借金を返済するしかありません。

きちんと返済を終わらせ、楽しい生活を始めましょう。

任意整理と自己破産はどっちがお勧めなの?

多重債務などにより返済能力を大幅に超えた借金を抱えてしまった場合、コツコツと返済をしていっても利息分だけで元金部分は全く減らないといった事態に陥ってしまうケースがあります。

 

こうした場合、もはや個人で対応することはほぼ不可能な状態と言ってもよく、迅速に正しい判断を下す必要があります。

 

こうした際の最もポピュラーな対応として挙げられるのが、債務整理です。

債務整理は、任意整理や自己破産といったものを指し、大幅に借金を軽減することができる点が特徴です。

 

以下では、代表的な債務整理である任意整理と自己破産について詳しくご紹介していきます。

 

1.任意整理

 

任意整理は、弁護士や司法書士に依頼して行われる債務整理で、彼らを介して金融機関と借金の減額や返済期間の調整などを目指します。

任意整理はあくまで民間人同士の債務整理ですので、どの程度借金が減るかといった点は事例ごとに大きく異なることになりますが、専門家が交渉と担当してくれるため、良い結果につながるケースが多いようです。

 

2.自己破産

 

自己破産は、弁護士や司法書士などではなく、裁判所を介して行われる債務整理です。

債務整理の中でも最も強力な制度と言っても良く、裁判所から自己破産が認められれば、原則として抱えている借金は全て帳消しとなります。

 

ただし、自己破産を利用する場合には、自身の持ち家や自動車、その他一定以上の価値を持つ財産を手放さなければならないといった大きなデメリットもあるため、利用は最終手段と考えておく必要があります。