キャッシングが通るためには信頼が必要だ。

大手キャッシングで通る人と通らない人の差は信頼度の高さの違いである。まず大前提としてだが、信頼情報は大手キャッシング業界では共有されている。この情報は最大5年間共有されていて、借りられるか借りられないかを左右する。知っている人もいると思うが、この信頼情報はインターネットで閲覧できる。気になる人は調べてみてはどうだろうか。

(自分が調べた時は手数料が1000円かかった)

 

問題はこの信頼はどのように決められるかである。
信頼がある人間ほど、多くキャッシングができ、信頼が無い人間はキャッシングができないという仕組みであるのは理解できるだろう。

 

以下からこの信頼はどのように培われているのかが述べようと思う。
一つ目としては支払いが滞っていたり、焦げ付いたりしてしまった場合だ。
この場合はもちろんの事、キャッシングできる枠が狭まる。例えば携帯のローンの分割払いが滞ってしまったり、クレジットカードの支払いができず、焦げ付かせてしまった事などがあたる。
数日の間で気づいて返済すれば問題は無いが、これが長い間続いてしまうと信頼を大きく損ねてしまう。

 

銀行がもっとも嫌な事は貸したお金が返ってこない事だろう。しっかりと借りたお金は返す。お金にルーズな所を見せない事が大事だ。
2つ目としてはなるべくクレジットカードは沢山契約せず、使わないクレジットカードは解約するのが大事だろう。クレジットカードを沢山持っていれば持っているほど、借りられる限度額は少なくなる。新たに契約できないケースも少なく無いので注意が必要だ。