利用するは在籍確認なしのキャッシング

収入がないときほどお金を借りたいもの。

しかしキャッシングの方も、返す当てがない人間にお金を貸すというわけにもいきません。

だから失業中は、原則キャッシングを利用できないものといわれています。

実際は利用できないのではなく、利用させてもらえないのですが・・。

 

しかし少額の借入であり、まだ職を失ったばかりという条件内であれば、消費者金融のスタイルによっては普通にお金を借りられるということもあります。

ポイントは、収入証明や在籍確認のないキャッシングを利用することです。

 

収入証明というのは、お金を借りるうえでは必ず通るものと思いがちですが、実は多くのキャッシングで何十万円以上の借入の時のみ、という適用方法がとられています。

つまり、それ以下の少ない金額の借入ならば、収入を得ているという証明をしなくてもいいことになります。収入がなくてもお金を借りられるのです。

 

次に大きな壁になるのは、会社に勤めているか否かを直接確認する在籍確認になりますが、これもWEB完結ができるキャッシングのうちで、特定の口座を持っていると免除してもらえたりします。

書類だけでもOKとうたうキャッシングもあるので、そういったところでは職を失う前の書類を提出すれば、タイミングによっては問題なくなります。

 

収入なしでのキャッシングに、必要なのは行動力です。

素早く行動しお金を借り、そのお金を元手に速やかに次の仕事をみつければ支障はありません。